スバル 新型フォレスターのライバル車であるマツダ CX-5。

新車はフォレスターと決めていたのに、いざ購入段階でやっぱりマツダ CX-5にしようかな・・・と、気持ちが揺れてしまう。

今回は、そんなスバル 新型フォレスターのライバルとして立ちはだかるマツダ CX-5を、さまざまな面から分析して徹底比較していきます。

スポンサードリンク

【フォレスター】VS【マツダCX-5】価格比較

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=sbnv#cx-5

まずは、スバル 新型フォレスターとマツダ CX-5の車両本体価格を比較していきます。

特にマツダ CX-5は、新たに追加された2500ccターボエンジン車や、ガソリン車及びディーゼル車にそれぞれ新たに用意された最上級モデル「Exclusive Mode」についても比較対象としていきます。

フォレスターのライバルはマツダ CX-5のどのグレードなのか?

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=sbnv#cx-5

マツダCX-5の最廉価グレードとして、2000ccガソリンエンジン搭載の2WD(FF)モデルが用意されています。

  • 20S 2WD / 2,570,400円
  • 20S PROACTIVE 2WD / 2,802,600円

これらはスバル 新型フォレスターに相当するグレードが無いため、この比較では除外したいと思います。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=sbnv#cx-5

また、安全装備面の違いや駆動方式の違いから、

  • 25S 4WD / 2,797,200円
  • 25S L Package 2WD / 3,018,600円
  • 25T L Package 2WD / 3,326,400円
  • 25T L Exclusive Mode 2WD / 3,650,400円
  • XD 2WD / 2,883,600円
  • XD 4WD / 3,110,400円
  • XD PROACTIVE 2WD / 3,115,800円
  • XD L Peckage 2WD / 3,331,800円
  • XD Exclusive Mode 2WD / 3,655,800円

これらのグレードも、人気グレードが含まれてはいますが、ここでは除外していきたいと思います。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=sbnv#cx-5

それから、「Exclusive Mode」グレードは、スバル 新型フォレスターでは「アイサイト・セイフティ・プラス(視界拡張)」のメーカーオプション搭載車との比較となりますが、2500ccガソリンエンジン車の比較としては

  • 25S PROACTIVE 4WD / 3,029,400円
  • 25S L Package 4WD / 3,245,400円

こちらが妥当かと思われます。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=sbnv#cx-5

パフォーマンスモデルとしてのターボエンジン搭載グレードを捨てたスバル 新型フォレスターに対して、

  • 25T L Package 4WD / 3,553,200円
  • 25T L Exclusive Mode 4WD / 3,877,200円

このようなハイパワーモデルをラインナップしてきているあたり、マツダの姿勢には好感が持てます。

スバル 新型フォレスターにはこれに対する対抗グレードが存在しませんので、文字通り「比べ物にならない」と言えるでしょう。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=sbnv#cx-5

また、環境対応モデルとしては、ハイブリッドのスバルに対し、マツダはクリーンディゼルです。

  • XD PROACTIVE 4WD / 3,342,600円
  • XD Exclusive Mode 4WD / 3,882,600円

以上のような人気グレードもありますが、機能面での公平性から、

  • XD L Package 4WD / 3,558,600円

こちらのグレードで比較していきたいと思います。

フォレスターとCX-5どっちが割高感がある?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/

まずは2500ccガソリンエンジン車から見てみましょう。

装備面では、カラーリングなどで違いはあれど、大きくは同程度のグレードとして

  • Touring AWD / 2,808,000円
  • X-BREAK AWD / 2,916,000円

この2つのグレードがあります。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=sbnv#cx-5

これに対応するのは、

  • CX-5 25S PROACTIVE 4WD / 3,029,400円

こちらのグレードです。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/

ガソリンエンジン車のアッパーグレードとしては、

  • Premium AWD / 3,024,000円

こちらがあります。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=sbnv#cx-5

そしてこれに対応するのが、

  • CX-5 25S L Package 4WD / 3,245,400円

こちらのグレードとなります。

装備に若干の違いがあれど、ガソリンエンジン車に関しては、概ねCX-5のほうが車両価格が高い傾向にあります。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/

また環境対応モデルとして、ハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載の

  • Advance AWD / 3,099,600円

こちらのグレードがありますが、

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=sbnv#cx-5

これに対応するマツダのエコカーは、

  • XD L Package 4WD / 3,558,600円

こちらのグレードということになります。

ただしこの両者の間には、動力性能において大きな差がありますので、単純比較と言うわけにはいかない部分があります。

全体的にマツダ CX-5の車両価格の高さが目立ちますが、その一方で廉価な2WDモデルも用意されています。

それが4WD固定のスバル 新型フォレスターに対しての価格面でのアドバンテージとなっているようです。

スバルの設定する装備・グレード帯には、マツダ CX-5の量販モデルがあまり存在しないあたり、それぞれのクルマのユーザーの好みが見て取れますね。

スポンサードリンク

【フォレスター】VS【マツダCX-5】大きさ比較

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

スバル 新型フォレスターのボディサイズは、全長4625mm×全幅1815mm×全高1715mmとなっています。

ただしX-BREAKおよびルーフレール装着車については全高が1730mmとなります。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/special-vehicles/exclusive-mode/?link_id=sbnv

一方でマツダ CX-5のボディサイズは、全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mmとなっており、グレードによるサイズの違いはありません。

スバル 新型フォレスターとの比較では、全長が80mm短く、全幅が25mm大きく、全高が25mm低くなっています。

スバル 新型フォレスターのほうがかなり長めで、幅がやや狭く、背も少しだけ高いということですね。

では、そんなボディサイズに収まる室内の広さはどうなのでしょうか?

スバル 新型フォレスターの内寸は、室内長2110mm×室内幅1545mm×室内高1270mmとなっています。

ただしAdvanceのみ、ハイブリッドシステム搭載の関係から、室内長が2100mmとなっています。

一方マツダ CX-5の内寸は、室内長1890mm(-220)×室内幅1540mm(-5)×室内高1265mm(-5)となっています。

ただしサンルーフ装着車については、室内高が1215mmととても低くなります。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/interior1/?link_id=sbnv

気になるのはマツダ CX-5の室内長の圧倒的な短さです。

全長がスバル 新型フォレスターに対して80mm短く、それはそれで車庫入れのしやすさや街中での扱いやすさが高まるので良いことです。

しかしその短さ以上に室内長が短くなっているのは、なぜなのでしょうか。

これはスバルとマツダのクルマづくりにおける考え方の違いから、こうした寸法の違いが生まれていると思われます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

スバルは運転手を含む乗る人すべてのことを考えて設計されています。

そのため、乗り降りのしやすさや、長時間乗ったときの疲れにくさを考えて、広々とした後席の足元空間や大き目のシートが与えられているのです。

引用:http://www.mazda.co.jp/beadriver/design/thought/02/

一方マツダは、使い勝手を犠牲にしない範囲で、クルマに美しいプロポーションを与えるよう設計しています。

具体的には、ボンネットを前後に長くとることで「ロングノーズ」化し、よりヨーロッパ車的なスタイリッシュさを与えられています。

その一方でリアオーバーハングを切り詰めることで、こういったクロスオーバーSUV系のクルマにありがちな「お尻がボテっとした感じ」を解消し、リアまわりをスポーティなデザインとしています。

こうしたクルマづくりへの姿勢の違いが、ボディサイズの違いにも出ているんですね。

スポンサードリンク

【フォレスター】VS【マツダCX-5】燃費比較

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/2.5engine.html

スバル 新型フォレスターの燃費は、新たに採用されたWLTCモード燃費で、ガソリン車で13.2km/L、ハイブリッド車で14.0km/Lとなっています。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/driving/economy/

一方マツダ CX-5の燃費は、WLTCモード燃費で、スバル 新型フォレスターと同様の2500ccガソリン・4WD車では13.0km/Lとなっています。

参考までに、2000ccガソリン・FF車で14.6km/L、2500ccガソリン・FF車で13.8km/L、2500ccターボ・FF車で12.6km/L、同じく4WD車で12.2km/Lとなっています。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/driving/economy/

またディーゼルエンジン車では、FF・AT車では17.4km/L、4WD・AT車では16.6km/Lとなっています。

スバル 新型フォレスターとマツダ CX-5の燃費は、ほぼ同等と見て間違いなさそうです。

最近はまたガソリン価格が爆発的に値上がりしており、低燃費なハイブリッド車や、燃料価格の安いディーゼル車への注目が再び集まっています。

WLTCモード採用で燃費の表示ルールが変わり、メーカーの追求する「カタログ燃費」がより実燃費に近い値となりました。

このWLTCモード燃費で比較していけば、実燃費での比較とそう大差ない結果となるものと思われます。

さて、様々な面からスバル 新型フォレスターとマツダ CX-5を比較していきました。

シンプルで取り回しも悪くなく、とっつきやすいのが新型フォレスターで、さまざまな装備のグレードを選べるのがCX-5といったところでしょうか。

そういう意味では、幅広い層をカバーするマツダCX-5に、販売面ではやや有利な面があるかもしれません。

しかしアイサイトを初めとする先進安全装備やシンメトリカルAWDなどの高い走行性能を標準状態で装備しているフォレスターは、割安感すらあります。

あなたのニーズにピッタリはまれば最高の一台になりそうですね!

新車を50万円以上安く買う裏ワザ

スバル フォレスターが欲しい!

「ドライブシーン」と「乗り手」を選ばないスバル フォレスター。

グイグイ引っ張ってくれる快適な走りはもちろん、アウトドアを楽しむための車としても常に人気車上位に食い込んでいる車です。

その魅力は国内だけにとどまらず海外でも高い評価を得ています。

冒険心を刺激するスバル フォレスターがどうしても欲しい!

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「欲しいグレードになるとやっぱり高い・・・」
  • 「スバル フォレスターだと予算をオーバーしてしまう・・・」
  • 「ディーラーをまわるのは正直面倒・・・」
  • 「値引き交渉を上手くする自信がない・・・」
  • 「新車をできるだけ最安値で手に入れたい・・・」

などなど、悩みは尽きません。

家族や友人に相談してみたものの、

「予算に見合った車にするのが無難だから他のにすれば?」と言うだけ。

いや違うっ!俺が欲しいのはスバル フォレスターなのよ!

単なる移動手段なら予算内で考えてもいいけれど、スバル フォレスターという車はそうじゃない!

スバル フォレスターにたくさん荷物を詰め込んで、友達たくさんでキャンプやスキーといった、レジャーを快適に楽しみたいんだよっ!

どうしても欲しい車を安く手に入れるために重い腰を上げ、

ディーラーをまわりに回ってようやく引き出した値引き額は30万円。

他メーカーからの乗り換えということでオマケしていただいての30万円の値引き。

しかし、それでも予算を考えると手が出ない。

いろいろ悩んで試行錯誤を繰り返していたある日、ふとあることに気付いたんです。

「もしかしてディーラーじゃなく、買取業者に下取り出したら何とかなるんじゃね?」

結果は大正解!

なんと、欲しかったグレードのスバル フォレスターが70万円も安く買えることが出来たんです!

もちろんオプションもモリモリ付けていただいたうえでの新車GET!

最新の車は燃費も安全性能も装備も文句なし!

私のように欲しい新車を、納得できる金額で手に入れたいと思っているあなた!

あたなにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでの下取り価格30万円が、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク