ここではスバル フォレスターとよく似た車種、スバル レガシィアウトバックとの比較をしてみます。

スバルの高性能SUVを選ぶにあたって、はたしてどちらが正解なのか?

価格、サイズ、燃費性能の3つにポイントを絞って見ていきましょう。

スポンサードリンク

【フォレスター】VS【レガシィアウトバック】価格比較

スバル フォレスターとスバル レガシィアウトバックの車両本体価格を比較していきましょう。

2018年7月のフルモデルチェンジで、排気量を2500ccに上げてきた新型フォレスター。

これにより、もともと2500ccを搭載するスバル レガシィアウトバックとの車格差がかなり縮まりました。

それぞれ対応するグレードごとに見ていきましょう。

ベースグレード

フォレスター Touring

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade1

フォレスターのベースグレードである「Touring」の車両本体価格は、2,808,000円です。

ただし、レガシィアウトバックの標準装備である次の5点

  • キーレスアクセス&プッシュスタート
  • 前席パワーシート&シートメモリー
  • アイサイト・セイフティ・プラス(運転支援、視界拡張)
  • ルーフレール
  • リヤビューカメラ(フォレスターではディーラーオプション)

これらはフォレスターTouringには装備されていません。

もし上記5点を装備した場合、3,128,760円となります。

レガシィアウトバック

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade1

ベースグレード「レガシィアウトバック」の車両本体価格は、3,294,000円です。

ここからさらに、フォレスターに無い機能として、リヤビューモニターに「AR機能」が加わります

リヤビューモニターの映像に拡張現実のレイヤーが加わり、対象物の認識を映像で視覚的にお知らせしてくれる機能です。

フォレスターにも搭載される後退時自動ブレーキの機能を強化する装備ですね。

ただし、レガシィアウトバックには次の装備はありません

  • 歩行者保護エアバッグ
  • アイサイトの「ツーリングアシスト」(全モデルで非搭載)

これらを考えると、ベースグレードでは、価格差があるような無いような、微妙なところです。

X-BREAK

フォレスター X-BREAK

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade3

フォレスター X-BREAKの車両本体価格は、2,916,000円です。

フォレスターでは、先代(SJ型)から特別仕様車だったX-BREAKをカタログモデル化しています。

特別仕様としてのみラインナップしているレガシィアウトバックとの装備差は、

  • キーレスアクセス&プッシュスタート
  • 前席パワーシート&シートメモリー
  • アイサイト・セイフティ・プラス(運転支援、視界拡張)
  • リヤビューカメラ(フォレスターではディーラーオプション)

となっています。

先に書いたTouringと同じく、上記装備はフォレスター X-BREAKには装備されていないということです。

これらを装備するグレード(メーカーオプションコード:QEC)にディーラーオプションのリヤビューカメラ 39,960円を装着した場合だと、3,182,760円となります。

レガシィアウトバック X-BREAK(特別仕様車)

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback_x-break/grade/index.html

レガシィアウトバック X-BREAK(特別仕様車)の車両本体価格は、3,402,000円です。

ただし、モデルがレガシィアウトバックLimitedをベースとして仕上げているのに対し、フォレスター X-BREAKはフォレスター Touringをベースとしています。

そのため内装の仕上げにも少々違いがあり、同じグレード名だからといっても、一概に比べられるものではなさそうですね。

トップグレード(ガソリン車)

フォレスター Premium

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade2

フォレスター Premiumの車両本体価格は、3,024,000円です。

一方で、レガシィアウトバック Limitedとの装備の差は、

  • 本革シート
  • パワーリヤゲート
  • アイサイト・セイフティ・プラス(視界拡張)
  • ルーフレール
  • リヤビューカメラ

となっています。

上記装備はフォレスター Premiumには装備されていないということです。

これらを装備するグレード(メーカーオプションコード:PSC)にディーラーオプションのリヤビューカメラ 39,960円を装着した場合だと、3,344,760円となります。

レガシィアウトバック Limited

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade2

レガシィアウトバック Limitedの車両本体価格は、3,564,000円となっております。

ベースグレード同様、歩行者保護エアバッグとツーリングアシストは非搭載です。

 

機能面から見ても、全体的にスバル フォレスターのほうが、若干ではありますが金額的に安くなっていますね。

一方のレガシィアウトバックは、その性能やデザイン、質感から考えると、とても割安だとも言えそうです。

スポンサードリンク

【フォレスター】VS【レガシィアウトバック】大きさ比較

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/special/photo.html

次に比較していくのが、ボディサイズや室内空間についてです。

それぞれのクルマのサイズを調べていきます。

ボディサイズの比較

フォレスターのボディサイズ

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/wp.html

フォレスターのボディサイズは、次のようになっています。

全長4625mm×全幅1815mm×全高1715mm

ただし、X-BREAK及びルーフレール装着車については、全高が1730mmとなっています。

レガシィアウトバックのボディサイズ

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/special/photo.html

レガシィアウトバックのボディサイズは、次のようになっています。

全長4820mm×全幅1840mm×全高1605mm

それぞれフォレスターに対し、全長で+195mm、全幅で+25mm、全高で-90mmです。

フォレスターと比較すると、長くて、低くて、ワイドであることが分かります。

室内空間の比較

フォレスターの室内空間

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

フォレスターの室内のサイズは、次のようになっています。

  • 室内長2110mm
  • 室内幅1545mm
  • 室内高1270mm

ただし、ハイブリッドモデルAdvanceに関してのみ、室内長が2100mmとなっています。

レガシィアウトバックの室内空間

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/design/interior.html

レガシィアウトバックの室内のサイズは、次のようになっています。

  • 室内長2030mm
  • 室内幅1545mm
  • 室内高1240mm

それぞれフォレスターに対し、室内長-80mm、室内幅は同じ、室内高-30mmです。

フォレスターよりも全長が195mmも長いはずなのに、室内長がフォレスターよりも80mmも短くなっていますね。

フォレスターはフロント、リヤともにタイヤより先にあるオーバーハング(バンパーの部分と思ってください)が切り詰められており、コンパクトにできています。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/safety/safety3.html

一方レガシィアウトバックは、フロントバンパー内に新幹線などでも採用される「ノーズコーン構造」を取り入れており、これをクラッシャブルゾーンとしている関係から、全長がフォレスターよりも長くなっているという事情があります。

また、アクティブグリルシャッターはこのBS型レガシィアウトバックから取り入れられた新機構で、当初これを収めるための空間が設けられたことが原因のひとつかもしれません。

サイズの比較からも新たに見えてくることがありました。

スバル 新型フォレスターは、サイズ面でも「コスパ」のいいクルマのようですね。

スポンサードリンク

【フォレスター】VS【レガシィアウトバック】燃費比較

最後は、フォレスターとレガシィアウトバックの燃費の比較です。

フォレスターは2018年7月のフルモデルチェンジで、ガソリンエンジン車の排気量が2500ccに拡大されました。

これによりレガシィアウトバックと同じ排気量となった(エンジンも同型式)ため、比較しやすいと思います。

ところで、フォレスターには2つの燃費があります。

従来の「JC08モード燃費」と、新たに採用された「WLTCモード燃費」の2つです。

しかしレガシィアウトバックはまだJC08モード燃費しか採用していませんので、公平にJC08モード燃費のみで見ていきたいと思います。

燃費の比較

フォレスターの燃費

フォレスターのJC08モード燃費は、ガソリン車の場合14.6km/Lとなっています。

実はレガシィアウトバックと比べると、0.2ポイント燃費が悪いです。

これはおそらく全高が高くなり、走行中の空気抵抗が大きくなっていることに起因するものと思われます。

レガシィアウトバックの燃費

レガシィアウトバックのJC08モード燃費は、14.8km/Lとなっています。

フォレスターよりも車重が50kg重いにもかかわらず、優れた空力特性によって、わずか0.2ポイントとはいえ、燃費で上回っています。

フォレスターはフルモデルチェンジにより、レガシィと同じFB25エンジンを搭載してきました。

しかしそのエンジンの8割の部品が再設計されており、もはや型式だけが同じの別なエンジンと言えます。

そうした努力を積み重ねることで、広い室内空間とトレードオフで失った空力特性を、エンジンの性能によって挽回した、というわけですね。

 

様々な面からスバル フォレスターとスバル レガシィアウトバックを比較してきました。

どうでしょう、両者のキャラクターの違いがご理解いただけたのではないでしょうか?

そして、スバル 新型フォレスターのコスパの良さについても再確認できたと思います。

あなたにとって最適なのは、どちらのスバルでしたか?

新車を50万円以上安く買う裏ワザ

スバル フォレスターが欲しい!

「ドライブシーン」と「乗り手」を選ばないスバル フォレスター。

グイグイ引っ張ってくれる快適な走りはもちろん、アウトドアを楽しむための車としても常に人気車上位に食い込んでいる車です。

その魅力は国内だけにとどまらず海外でも高い評価を得ています。

冒険心を刺激するスバル フォレスターがどうしても欲しい!

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「欲しいグレードになるとやっぱり高い・・・」
  • 「スバル フォレスターだと予算をオーバーしてしまう・・・」
  • 「ディーラーをまわるのは正直面倒・・・」
  • 「値引き交渉を上手くする自信がない・・・」
  • 「新車をできるだけ最安値で手に入れたい・・・」

などなど、悩みは尽きません。

家族や友人に相談してみたものの、

「予算に見合った車にするのが無難だから他のにすれば?」と言うだけ。

いや違うっ!俺が欲しいのはスバル フォレスターなのよ!

単なる移動手段なら予算内で考えてもいいけれど、スバル フォレスターという車はそうじゃない!

スバル フォレスターにたくさん荷物を詰め込んで、友達たくさんでキャンプやスキーといった、レジャーを快適に楽しみたいんだよっ!

どうしても欲しい車を安く手に入れるために重い腰を上げ、

ディーラーをまわりに回ってようやく引き出した値引き額は30万円。

他メーカーからの乗り換えということでオマケしていただいての30万円の値引き。

しかし、それでも予算を考えると手が出ない。

いろいろ悩んで試行錯誤を繰り返していたある日、ふとあることに気付いたんです。

「もしかしてディーラーじゃなく、買取業者に下取り出したら何とかなるんじゃね?」

結果は大正解!

なんと、欲しかったグレードのスバル フォレスターが70万円も安く買えることが出来たんです!

もちろんオプションもモリモリ付けていただいたうえでの新車GET!

最新の車は燃費も安全性能も装備も文句なし!

私のように欲しい新車を、納得できる金額で手に入れたいと思っているあなた!

あたなにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでの下取り価格30万円が、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク