スポンサードリンク

フォレスター オイル交換費用の適正価格は?

オイル交換1,500円(洗車付き)+エレメント交換1,000円の合計2,500円←できたらこの値段でやっているディーラーを探しましょう。(私の個人的体験から)

オイル交換費用については、一般的なスバルディーラーでは、

  • オイルのみ交換(普通車)
    約3,000~4,000円程度
  • オイル+フィルター交換(普通車)
    約5,000~6,000円程度

となっているようです。

これにはオイル交換のほかに「10ポイントチェック」と呼ばれる次の点検が含まれています。

  • 冷却水の量点検
  • バッテリー液の量点検
  • ブレーキオイルの量点検
  • エンジンオイルの量点検
  • エンジンの調子点検
  • ワイパーの拭き具合点検
  • タイヤの摩耗・空気圧点検
  • ストップランプの点灯点検
  • ベルトの張り具合点検
  • ウォーニングランプの点灯点検

クルマをリフトで持ち上げた際に、車両の下回りのチェックなども行ってもらえるなど、

ただのオイル交換とは異なる「点検付き」オイル交換であることがほとんどです。

もちろんメーカー指定の純正オイルを使用するほか、ユーザーが指定すれば、メーカー推奨のスポーツオイルに変更することも可能です。

一方で町のガソリンスタンドでバイトの店員さんがやってくれるような、

500円~1,500円程度のオイル交換は、オイルの品質については残念ながら期待できません。

また作業についても、そのメーカー専門の整備士が行うのに比べて不慣れな分、異常などのサインを見落としやすいと言えます。

さらに、慣れていないことからドレン=オイル抜き穴のボルトを壊されて、オイルが駄々漏れになってしまった・・・なんて話もよく聞きます。

引用:https://www.subaru.jp/afterservice/warranty/02.html

餅は餅屋、とは言いませんが、

エンジンオイルはエンジン周りというクルマにとって超重要な部位に触れる作業です。

ディーラーであれば、そのメーカーのクルマばかり触っているわけですから、

不慣れだから壊しちゃった、ということはそうそう起きないでしょう。

しかし町のガソリンスタンドや整備工場の整備のお兄ちゃんに任せる、と言う場合、

よほどあなたが信頼している整備士でもない限り、そんな重要な作業を任せたいと思うでしょうか。

オイル交換を簡単なこと、となめてかかると、痛いしっぺ返しを食らうことになるかもしれませんよ。

 

オイル交換は、信頼のできるサービス工場にて、確実に行うようにしましょう。

クルマに乗っていると、どうしても付きまとうものの1つに「オイル交換」があります。

普段目にすることがないだけに、なかなか気が向かないのが正直なところですが、

実はこのオイルのメンテナンスを怠ると、とても怖いことに・・・。

今回は、知っているようで実は知らない、クルマのオイル交換について、詳しく調べていくことにしましょう。

画像引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/2.5engine.html

スポンサードリンク

フォレスターのオイル交換時期はいつ?確かめる方法

スバル 新型フォレスターのオイル交換時期についてですが、フォレスターだけでなく、

全ての車種において、取扱説明書やメンテナンスノートでメーカー推奨交換時期を確認することができます。

意外と確認していない人がいるようで、最悪なのは「ガソリンスタンドのスタッフ任せ」です。

私自身経験したので言い切れますが、よくあるのがエンジンオイルの入れ過ぎ

きっちりと取扱説明書やメンテナンスノートに書かれてある時期、量を守りましょう!

スバル 新型フォレスターは、

【10000km走行もしくは1年経過のいずれか早い方でオイルを交換すること】

となっています。

引用:https://www.subaru.jp/afterservice/maintenance/01.html

ただし、この交換時期は「これ以上交換しないと壊れるよ」という目安であって、

ディーラーや整備工場の推奨する「適切な交換時期」とは異なる点に注意が必要です。

また、次のような症状が出たら交換のサインです

  • エンジンの調子が悪くなった
  • スムーズに加速しない
  • パワー不足を感じる
  • エンジン音が以前より大きくなった
  • 以前より燃費が悪くなった

引用:https://www.subaru.jp/afterservice/maintenance/01.html

メーカー指定のオイル交換時期を守らずに、長期使用を続けて壊れてしまったとしましょう。

その故障の原因がオイルの管理不足だった場合、メーカーの保証修理を受けられませんので、よくよく注意して下さい。

オイル交換時期「メーカー推奨」と「ディーラー推奨」の違い

ところでなぜ、オイル交換時期の「メーカー推奨」と「ディーラー推奨」に差があるのでしょうか。

これは、次のように言い換えると分かりやすいと思います。

メーカー推奨時期:これ以上は機械が壊れるから知らないよ

ディーラー推奨時期:この程度で換えておくとクルマが長持ちするよ

もちろんメーカーはクルマの製造が仕事であって、オイル屋さんではありませんし、

一方ディーラーはクルマを販売しますが、オイル交換などのメンテナンスも販売していますので、

それぞれの商売の性質の違いだと言うこともできるかもしれません。

しかし、お客さんのクルマのメンテナンスを担当しているという面のあるディーラーが、

お客さんのクルマのメンテナンス不足による故障など出したいはずがありません。

こういった理由から、全国の故障事例などを参考にして、念入りに整備を行うのです。

あなたの愛車が守られているという安心感を持てますよね。

オイル交換はその基本中の基本だと言えます。

スポンサードリンク

フォレスターのオイル量・オイル粘度の適正目安

スバル 新型フォレスターのオイル量やオイル粘度については、

取扱説明書やメンテナンスノートでメーカー推奨値を確認することができます。

  • オイル量:エンジンオイルのみ交換時で4.0L、フィルターと同時交換で4.2L
  • オイル粘度:0W-20(推奨オイル:SUBARU MOTOR OIL ECO 0W-20)

以上のように記載されています。

引用:https://www.subaru.jp/afterservice/parts/oil_filter.html

メーカーの推奨使用オイルが取扱説明書に明記されていますが、

スバルでは、ほかにも次のようなオイルを取扱説明書の中で推奨しています。

  • SUBARU MOTOR OIL ECO 0W-20(工場出荷時充填オイル)
  • SUBARU MOTOR OIL SN 0W-20
  • SUBARU MOTOR OIL ECO 5W-30
  • SUBARU MOTOR OIL SN 5W-30
  • SUBARU Castrol SLX Professional SM 5W-40
  • SUBARU レ・プレイアード ZERO 0W-30

基本的には0W-20の低粘度オイルを推奨していますが、

オイルの抵抗によるエネルギーロスでの燃費の低下を嫌って採用されているオイルでもあります。

オイルが高温に晒されるなど、過酷な環境での仕様については、

やや固めの5W-30を選ぶことで、オイルの”タレ”や消耗を防ぐことができるかもしれません。

また、過酷な環境での仕様について、スバルでは次のように言及しています。

エンジンオイル消費量は新車時から数千km走行すると安定しはじめます。

また、厳しい運転条件(悪路、山道、登降坂路、交差点などでの急加減速の繰り返し、またはエンジンの高回転使用頻度が高いなど)での走行時は、通常に比べてエンジンオイルの消費が早くなることがあります。

このような使用の頻度が高い場合、1000km 走行あたり0.5L~1L消費する場合があります。早めの点検・補給をお奨めします。

(スバル取扱説明書HPより抜粋)

このようにオイルが急激に消費されるようなケースもあるため、

オイル量については常日頃から気にかけておくようにしたいものですね。

オイル量が低下したり、オイル粘度が低下すると、

オイルがオイルポンプによって送り出されるときに発生する「オイルプレッシャー=油圧」が低下することがあります。

オイルプレッシャーが極端に低下すると、運転席のメーター内にある「オイルプレッシャー警告灯」が点灯します。

オイルプレッシャー警告灯とは・・・

走行中に点灯したときは、直ちに安全な場所に停車し、エンジンスイッチをLOCK(OFF)にし、5 分程度放置した後でエンジンオイル量を点検してください。

エンジンオイル量が正常にもかかわらず点灯しているときや、エンジンオイルを補給しても点灯するときは、直ちにスバル販売店にご連絡ください。

警告灯はオイル量を示すものではありません。オイル量の点検はオイルレベルゲージで行ってください。

(スバル取扱説明書HPより抜粋)

また、オイル残量については、エンジンルーム内にある「オイルレベルゲージ」での確認のほか、

ダッシュボード上中央にあるMFD(マルチ・ファンクション・ディスプレイ)に表示される

「エンジンオイル残量警告」によって知ることもできます。

ただし、これらの警告は相当に危険な状態になってから作動するものであり、

オイル量、オイル粘度については日常点検で

タイヤの空気圧とともにしっかりと確認するようにしましょう。

分からないときは、自分でやらずにディーラーに任せることをオススメします。

新車を50万円以上安く買う裏ワザ

スバル フォレスターが欲しい!

「ドライブシーン」と「乗り手」を選ばないスバル フォレスター。

グイグイ引っ張ってくれる快適な走りはもちろん、アウトドアを楽しむための車としても常に人気車上位に食い込んでいる車です。

その魅力は国内だけにとどまらず海外でも高い評価を得ています。

冒険心を刺激するスバル フォレスターがどうしても欲しい!

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「欲しいグレードになるとやっぱり高い・・・」
  • 「スバル フォレスターだと予算をオーバーしてしまう・・・」
  • 「ディーラーをまわるのは正直面倒・・・」
  • 「値引き交渉を上手くする自信がない・・・」
  • 「新車をできるだけ最安値で手に入れたい・・・」

などなど、悩みは尽きません。

家族や友人に相談してみたものの、

「予算に見合った車にするのが無難だから他のにすれば?」と言うだけ。

いや違うっ!俺が欲しいのはスバル フォレスターなのよ!

単なる移動手段なら予算内で考えてもいいけれど、スバル フォレスターという車はそうじゃない!

スバル フォレスターにたくさん荷物を詰め込んで、友達たくさんでキャンプやスキーといった、レジャーを快適に楽しみたいんだよっ!

どうしても欲しい車を安く手に入れるために重い腰を上げ、

ディーラーをまわりに回ってようやく引き出した値引き額は30万円。

他メーカーからの乗り換えということでオマケしていただいての30万円の値引き。

しかし、それでも予算を考えると手が出ない。

いろいろ悩んで試行錯誤を繰り返していたある日、ふとあることに気付いたんです。

「もしかしてディーラーじゃなく、買取業者に下取り出したら何とかなるんじゃね?」

結果は大正解!

なんと、欲しかったグレードのスバル フォレスターが70万円も安く買えることが出来たんです!

もちろんオプションもモリモリ付けていただいたうえでの新車GET!

最新の車は燃費も安全性能も装備も文句なし!

私のように欲しい新車を、納得できる金額で手に入れたいと思っているあなた!

あたなにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでの下取り価格30万円が、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク