犬はいちごを食べていい?食べて大丈夫?『林先生が驚く初耳学』で犬がいちごを食べると寿命が延びるとの情報が!

食べても大丈夫?

犬はいちごを食べてもいいですし、食べても大丈夫です。

それだけでなく、いちごに入っている栄養素がワンちゃんをより健康に、更には寿命を延ばす働きがあるので、ぜひ愛犬に食べさせてあげてください。

私も犬を飼っているので、一緒に過ごせる日々が1日でも長くなればと思い調べました。

犬はいちごを食べてもいいですし、食べても大丈夫です

ワンちゃんにとってあまり馴染みのないいちご。食べさせるとなるとやっぱり不安ですよね。

結果からお伝えしますと、ワンちゃんはいちごを食べても大丈夫です。

もちろん、ワンちゃんの大きさに対して与える量はありますが、それはもう少し後の方でお伝えしますね。

あまり知られていないのですが、いちごに含まれる栄養素が、『ワンちゃんにとってとても良い効果をもたらす』ということで大いに期待されているんです。

その効果を知ると「積極的に食べさせた方がいい」と、考えが変わるでしょう。

いちごにはビタミンCがたくさん含まれていますから、茹でたり熱を通さず、生のフレッシュないちごを与えてあげましょう。

いちごのアレルギーとキシリトールには気を付けること!

ワンちゃんに食べさせてはいけないモノとして挙げられる、ぶどうや玉ねぎ、チョコレートなどの栄養素はいちごには入っていないので、いちごを食べることによる中毒症状を心配する必要はありません。

気を付けることがあるとするばらば、

  • アレルギー反応
  • いちごに含まれるキシリトール

この2点です。

アレルギー反応は飼い主さんが見極めることが必要ですね。

見るポイントとしては、

  • どこか痒がったりしていないか?
  • 下痢などしないか?

といったところです。

最初は少しずつ与えてあげて、様子を見るようにするのが無難ですね。

次にキシリトールですが、まれにですが、キシリトールによって低血糖の症状が出て、ワンちゃんがぐったりしてしまうことがあるんです。

ただ、いちご1粒に含まれるキシリトール量は少ないので、体重5kgのワンちゃんに対して、大粒いちご25個位を与えない限りこの症状は出ません。

ですから、そんなに神経質になることはありませんね。

ワンちゃんにいちごを25粒も与えないでくださいね(笑)

ワンちゃんにはいちご中サイズ3個が適量

では、どのくらいの量が適量なのか?

もちろん、ワンちゃんの大きさで変わりますが、大体10kgのワンちゃんに対して中サイズ3個(45g)くらいが適量です

大きさによって適量が違うだけなので子どもの時から食べさせても大丈夫です。

3kg未満なら0.5個、6kgなら1.5個という感じです。

いつも与えているおやつをいちごに替えるくらいの感覚で与えるのが良いですね。

犬がいちごを食べると寿命が延びる?

じつはこの情報、テレビ番組『林先生が驚く初耳学』(TBS系2018年12月2日放送)で紹介されていたんです。

「寿命を延ばすってどういうこと?」と気になりますよね?

じつは、いちごを食べることで病気が抑えられて、結果、寿命が延びるということのようです。

病気の抑制に繋がれば、寿命が延びるだけではなく、ワンちゃんが元気でいられる時間も増えます。

飼い主さんにとっても嬉しい効果ですよね!

注目すべきは、いちごに含まれるインターフェロンという栄養素。そのインターフェロンが病気を誘発する悪性ウィルスなどを撃退してくれるんです。

もうひとつ、インターフェロンには、歯周病を抑制するという効果もあります。

ワンちゃんにとって噛むことはとても大切なこと。歯周病から命に関わるケースまでありますから、インターフェロンのこの効果は大変ありがたいですよね!

その他にも、いちごには沢山の食物繊維が含まれているので、便秘気味のワンちゃんや腸内環境が良くないワンちゃんにも効果的です。

今まで『犬にいちご』という発想はなかったと思いますが、愛犬の健康のためにも、たまにはいちごを与えてあげてくださいね。

犬にいちごジャムを与えてはダメ!

「いちごがワンちゃんの健康に効果的なのであれば、いちごを使ったものなら何でもいいのでは?」

・・・と、いろいろ加工されたいちご製品を与えてしまう飼い主さんがいるみたいですが、ここは要注意!健康に効果的なのは、あくまでも『いちご』だけです。

例えば『いちごジャム』などは愛犬に与えてはダメです。

いちごジャムやいちごの加工品などは人間用に加工された食品です。人間には大丈夫でもワンちゃんには良くないとされるものが入っているのです。

例えばジャムであれば砂糖(人間にも良くはないですが・・・)です。

ワンちゃんの1日に必要な糖質を大幅に超え、肥満へと繋がる危険があります。

加工品というものは添加物やその他のものが入っているのです。ワンちゃんの健康を害するものが入っているのです。

そのことを踏まえて『いちご』が良いということを覚えておいて下さい。

【無農薬いちご】をあげましょう。

じつは、いちごには農薬が大量に使用されていることが多いです。

農薬がないと害虫にやられるなど、いちごは育てるのが難しいというがその理由です。

ですが、私たち人間もそうですが、愛犬に与えるのであれば、無農薬いちご(オーガニック)のものを選ぶようにするか、よく洗ってから与えるようにしてあげてください。

いちごに含まれるビタミンCは水に溶けやすいので、洗う時はヘタを取らずに洗うようにし、与えるときはヘタを取ってあげてください。

まとめ

今まで、犬に果物・・・いちごをあげるという発想は正直なかったです。

ですが、テレビ番組をきっかけに、この認識は大きく変わりました。

私たち人間と違い、ワンちゃんには食べさせてはいけないものがある一方、食べた方が良いモノもまだまだたくさんあるということに気づかされました。

当ブログでは、いちごの他にも『食べさせてもいいモノ』『食べさせてはイケないモノ』について書かせていただいていますので、興味のある方は覗いてみてください。

タイトルとURLをコピーしました