犬の歯磨きガムおすすめベスト3!歯磨きのやり方、歯磨き頻度、いつから始めればいい?などワンちゃんの歯磨きガムについて徹底解説!

ワンちゃんのケア

愛犬の歯磨き・・・キチンとされていますか?

「犬の歯磨きなんてしたことがない」という飼い主さんも多いようですが、ワンちゃんの歯磨きは絶対にしてあげてください。

ドッグフードが主食になっている現在ならなおさらです。唾液と一緒になったドッグフードの粉が歯垢(しこう)となり、その歯垢が2~3日程度で歯石に。

また、歯垢は口内細菌のエサになりますので、歯磨きをせず放置していると細菌が繁殖して歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏などの病気に発展してしまう恐れがあるからです。

今回、ワンちゃんの歯磨きガムのおすすめベスト3の他に、歯磨きガムを使った歯磨きのやり方や、歯磨き頻度などについても調べましたので、興味のある方はこのまま読み進めて下さい。

犬の歯磨きガムおすすめベスト3

今回、歯磨き効果が優れているだけではなく、ワンちゃんの健康面や安全性までどれだけワンちゃん目線で考えられているか?という点を踏まえ、数あるガムの中から3つを選びました。

第1位 グリニーズ

私が選ぶガムおすすめ1位は『グリニーズ』です。

形による安全面や必要な栄養素をしっかりとワンちゃん目線から考え抜かれたガムであるうえに、しっかりと歯磨きをしてくれるからおすすめします。

栄養食としてもバランスが優れているため、色々な食事にも組み合わせることが出来て万能です。

一本に対してのメリットの数が非常に優れたガムであるため1位に選びました。

グリニーズは歯磨き効果が大きいだけではなく、アレルゲンになりにくいと言われている豚由来のゼラチンが使用されています。

ワンちゃんは言葉を発しませんが、アレルギーによって起こる症状は人間同様、本当に辛いものだと思います。

ワンちゃんの食事と同じくらい与える回数の多いガムだからこそ、そういった考慮がなされているのはとても嬉しいですね!

第2位 ゴン太の歯磨き専用ガム ブレスクリアソフト

続いて『ゴン太の歯磨き専用ガム』ですが、価格が安く沢山入っているのが素晴らしい点だと思います。

ガムに牛コラーゲン繊維が入っているのでしっかりと磨ける上に、一回噛むと割れるため、丸飲みのリスクも避けられます。

カルシウムも入っているので長く食べさせていくことで、丈夫な歯が期待できるガムです。

第3位 無添加良品 体にやさしいガム くるくるスティック

3位の『無添加良品 体にやさしいガム』は、とにかく無添加なので安心して食べさせてあげられます。

添加物はやはり健康面に懸念が生まれますし、自然に近いものほどワンちゃんも喜んで食べるものです。

長い時間噛むことができるので、噛む回数や分泌される唾液の量が多くなり、結果、歯磨き効果が大きくなるというメリットにも期待できますね。

ちなみにワンちゃんがガムを食べないということがあると思いますが、『食後にガムをあげる』『遊んだ後にガムをあげる』といった習慣づけをしてあげてみてください。

そうしてあげることで、ガムを食べられるようになることがありますので、根気強く続けられることをおすすめします。

ガムを使った歯磨きのやり方と歯磨き頻度

ガムを使った愛犬の歯磨き・・・どのようにあげればいいのか?また、どのくらいあげればいいのか?についてご紹介しますね。

まず、あげ方としては、ワンちゃんがしっかり磨けるように、飼い主さんが手に持ち、位置を調整しながらあげることが重要です。

ワンちゃんによっては片方ばかりの歯で噛むクセがあったりしますからね。

ガムをワンちゃんの口の横から差し込むようにあげるようにしましょう。そうすることで、ワンちゃんが誤って飼い主さんの手を噛むことを防ぐことができます。

そして、ガムは1日1本で充分です。
意外と量が少ないと思われたでしょうか?

ワンちゃんの歯磨きは毎日行うのが理想です。

となれば、いくら歯磨きガムが低カロリーに抑えられているとはいえ、1日何本もあげていれば肥満になる繋がることがあるため、ガムは1日1本と覚えておいてください。

犬が歯磨きガムを食べても大丈夫なの?飲み込む心配はないの?

ワンちゃんが歯磨きガムを食べてしまっても大丈夫です。

「そもそも歯磨きガムって身体に悪いモノなのでは?」と思われるかも知れませんが、そこは心配無用!ちゃんとした食べ物ですから、食べても問題ありません。

ガムと聞くとお菓子を想像しがちですが、歯磨きガムは全然違うんです。愛犬の口に入れるものですから、栄養面についても配慮されています。

また、飲み込む心配がないように、丸呑みしづらいカタチに作られていますので安心してください

・・・とはいえ、何が起こるか分かりませんので、より安全に歯磨きを行うために、先にお伝えしたように、しっかりと手に持ってあげるようにしてあげてください。

ガムが飲み込める大きさまでなり、手で持つことが出来ないときは、残りを食べさせるのではなく処分してしまうのも安全対策のひとつです。
【補足】
歯磨きガム以外にも、歯ブラシで磨く方法や歯磨きシートなどで拭き取る方法など、歯磨き方法はいろいろあります。

ワンちゃんによって歯石の出来やすい体質があったりするため、ガムだけで足りないと分かればそちらも併用すると良いでしょう。

歯磨きガムはいつから使ってもいいの?また歯磨きのタイミングは?

歯磨きガムの使用は、ワンちゃんの歯が生え揃った時から使用するようにしましょう。

また、食事後の食べカスなどが歯に残っているとそれが歯石になっていくので、1日の締めくくりでガムを噛ませると効果的です。

個体差はありますが、大体半年ほどで歯が生え揃います。その頃から食べさせることで、キレイな歯を保ち続けることが出来ます。

ただし、最初はやわらかいガムから始めて、徐々に硬いものに変えるようにしてあげてください。

まとめ

歯磨きガムですが、じつは私は最初から硬めのガムを与えていました。

しっかり食べることは出来たのですが、やはり徐々に硬いものに変えていく方が安全で安心です。

ワンちゃんは噛むことも仕事です。噛むことによりワンちゃん自身が成長していき、健康になっていくものです。

ワンちゃんも家族の一員として大切に接していく事を心から願っております。

タイトルとURLをコピーしました