スバルフォレスターを新車で購入する場合、いくら値引きしてもらえるのでしょうか?

今や当たり前となっている新車の値引きですが、できることなら限界まで値引きしてもらいたいところ。

そこで今回は、スバルフォレスターの値引き相場や値引き限度額を紹介します。

値引き情報を参考に、スバルフォレスターをお得に購入しましょう。

スポンサードリンク

【スバルフォレスター】値引き相場はどのくらい?

まずはスバルフォレスターの値引き相場をチェックしましょう。

  • 車両本体価格の値引き相場:25万円
  • オプションの値引き相場:30%
  • オプションを含んだ値引き相場:30万円

スバルフォレスターは2018年6月にフルモデルチェンジし、発売当初こそ値引きは渋めでしたが、徐々に拡大傾向にあります。

新車の値引きは車両本体価格からの値引きが基本ですが、フォレスターの場合、オプション値引きも多くなる傾向にあります。

たとえばオプションを50万円分装着したら、10万円以上の値引きも狙えることになります。

オプションを含んだフォレスターの値引き相場は30万円程度ですが、オプション値引き次第では40万円の値引きも十分可能な数値と言えるでしょう。

スバルフォレスターの値引きを拡大させるには、他メーカーのライバル車を引き合いに出して値引き交渉するのが鉄板です。

スバルフォレスターのライバル車は、

  • 日産エクストレイル
  • トヨタハリアー
  • ホンダCR-V
  • マツダCX-5三菱アウトランダー

などが有力候補です。

これらのライバル車を含めて「どのSUVにしようか迷っている」体で商談を進めていきましょう。

スポンサードリンク

【スバルフォレスター】値引き限度額はどこまで?

上記ではスバルフォレスターの値引き相場をご紹介しましたが、実際のところ値引き限度額がいくらなのかが気になりますよね?

そこで、値引きに関する口コミサイト「価格.comを参考に、スバルフォレスターの限界値引きを調査してみました。

調査の結果、スバルフォレスターの値引きで最も高額だったのは45万円でした。

他にも40万円の値引きに成功されている方が多数おり、現時点(2019年)でのフォレスターの限界値引きは45万円程度と見て良さそうです。

傾向としては、上位グレードの「Premium」とハイブリッド車の「Advance」で高額値引きを引き出している方が多いです。

新型フォレスターは、グレード間での車両価格に大きな差はないので、値引き拡大のためにも上位グレードを選択するのも一つの手でしょう。

スポンサードリンク

【スバルフォレスター】値引き目標

スバルフォレスターの値引き交渉で重要となる値引き目標について解説します。

車両本体価格からの値引き目標を決める

商談でスバルフォレスターの値引き交渉するうえで大切なのが、値引き目標を決めることです。

新車の値引き額は、

  • 総支払額からの目標値引き額
  • 車両本体価格からの目標値引き額

どちらなのかハッキリさせることが重要です。

たとえば、総支払額からの30万円値引きと、車両本体価格からの30万円値引きでは、最終的な値引き額に大きな差が生じる可能性があるからです。

はじめから、総支払額から30万円の値引きを目標にしてしまうと、それ以上の値引きは望めません。

しかし、車両本体価格から30万円値引きなら、オプションや諸費用からの値引きも上乗せすることでさらに値引き額を拡大させることも可能になります。

なので、スバルフォレスターの値引き目標を立てる際は、総支払額からではなく車両本体からの値引き目標額を決めましょう。

スバルフォレスターの車両本体価格からの値引きは25万円が相場ですので、値引き目標額は20万円程度が妥当でしょう。

見積もりは車両本体価格と諸費用だけにしてもらう

新車購入には車両本体価格以外に「諸費用」「下取り価格」「オプション」が関わってきます。

スバルフォレスターの値引きをしてもらう際は、どの項目でいくら値引きされているのかハッキリさせることが重要です。

しかし、ユーザーからの要求がない限り、基本的には総支払額からの値引きで見積書を作成されてしまいます。

どの項目でいくら値引きしているのか詳細は一切書かれていないので、結果として営業マンの戦略に乗せられてしまい、大きな値引き額を引き出せていません。

そのため、スバルフォレスターの見積書を出してもらうときは、車両本体価格+諸費用だけの見積もりをお願いしましょう。

商談の終盤になってはじめてオプションや付属品の装備を希望し、総支払額からの値引き交渉をすることで、値引き額を限界まで引き出しやすくなります。

車両本体価格からの値引きを目標にすることで限界値引きも目指せる

たとえば、スバルフォレスターの車両本体価格の値引きが20万円で限界だとしても、今度はオプションや諸費用から値引きをしてもらえば、トータル値引き額は20万円を超える可能性があります。

さらに、下取り車も交渉することで査定額の上積みも十分可能です。

一方、はじめから総支払額の20万円値引きを目標にして値引き交渉を進めてしまうと、どの項目でいくら値引きされたのかわからず、有利に進められません。

繰り返しになりますが、スバルフォレスターの値引き目標を立てる際は、

  • 車両本体価格
  • 諸費用
  • オプション
  • 下取り価格

それぞれ個別に値引き交渉することを前提として値引き目標を立てましょう。

車両本体価格からの値引きが限界になったら、次は諸費用、その次はオプション…といったように値引き交渉していき、最終段階で総支払額からの値引き交渉をするのです。

こうすることで、スバルフォレスターを限度額いっぱいの値引きを引き出せる可能性が高くなります。

 【スバルフォレスター】値引き交渉術

スバルフォレスターの具体的な値引き交渉術をご紹介します。

まずは本命車以外で商談を進める

スバルフォレスターの値引き額を拡大させるうえで重要となるのが、ライバル車を引き合いに出して競わせることです。

たとえば、フォレスターのライバル車にはエクストレイルやハリアー等があるので、

  • 日産 ⇒ トヨタ ⇒ スバル

の順で商談を進めていけば、最終的にスバルで商談する際は、スバル以外のディーラーの値引き条件を引き合いに出して交渉することができるからです。

「日産とトヨタでは好条件が出ているので迷っています・・・」

と切り出せますよね。

実際にライバル車と購入を迷っていなくても、この交渉は有効ですから、ぜひライバル車の値引き交渉も行っておきましょう。

本命を明かさず交渉する

スバルフォレスターの値引き交渉を有利に進めるためには、営業マンに必要以上に情報を与えないことがポイントです。

特に注意したいのが「本命がスバルフォレスター」であることを営業マンに悟られないことです。

はじめからスバルフォレスターの購入が決まっていて、営業マンにバレてしまうと

「どうせフォレスターを買うから、値引き額は少なくても大丈夫だろう」

と思われてしまい、限界値引きを引き出せなくなります。

たとえ、本命がスバルフォレスターであっても、幾つか候補があってどれにするか迷っていると伝えるようにしましょう。

スバル以外のディーラーでは本命車を明かしてOK

スバルフォレスターはSUVですから、スバルの営業マンには「SUVの購入を考えているけど、どれにしようか迷っているんですよ」というのが良いでしょう。

一方、スバル以外のディーラーでは、

「スバルのフォレスターを買おうと思ってるけど、おたく(日産)のエクストレイルも良いなと思って迷っているんですよ」

と伝えましょう。

スバル以外のディーラーでは、本命車は別にあるけどまだ決めかねていることを伝えるのがポイントです。

こうすることで、営業マンは「値引き額を大きくすればフォレスターではなくエクストレイルを買ってくれるかもしれない」と思い、値引き限度額を引き出せる可能性が高くなります。

商談の終盤でオプション・諸費用の値引き、下取り価格の上積み交渉をする

車両本体価格からの値引きが目標額に達したら、オプションや諸費用の値引き、さらには下取り価格の上積み交渉を行いましょう。

はじめからオプション・諸費用込みで値引き交渉してしまうと、車両本体価格からの値引き額が含まれてしまいます。

そうなると、結果として車両本体価格からの値引きが減ってしまう可能性が高いのです。

ですから必ず、オプションや諸費用の値引き交渉は商談の終盤で行いましょう。

下取り車がある場合も、初めは下取り無しで見積もりしてもらうことです。

はじめから下取りありで見積もってもらうと、車両本体価格からの値引きが下取り価格に含まれてしまう可能性大です。

例えば…

  • 車両本体価格の値引き30万円、下取り価格10万円
  • 車両本体価格の値引き10万円、下取り価格30万円

このように、下取り車を高く買い取ってもらえたと思っても、実際は車両本体価格の値引きが抑えられているだけに過ぎないのです。

こうならないためにも、まずは下取り無しで見積もりしてもらい、商談の終盤で下取り査定をお願いしましょう。

また、下取り査定をお願いする前に、中古車買取業者で買取査定をしてもらえば、それを引き合いに出して下取り価格の上積み交渉が行なえます

新車を50万円以上安く買う裏ワザ

もし、交渉しても下取り価格のほうが低いなら、中古車買取業者に売却すればいいだけの話です。

【スバルフォレスター】値引きまとめ

以上、スバルフォレスター値引きについてでした。

発売当初こそ値引きは渋めだったフォレスターも、現在(2019年4月)は値引き額が拡大されつつあります。

値引き交渉では、ライバルとなる車を引き合いに出して競わせると値引き額を拡大させやすいですよ。

また、下取り車がある場合はあらかじめ中古車買取業者に買取査定を依頼しておきましょう。

基本的に、ディーラー下取りよりも高値が付きやすいですから、それをもとに下取り価格の上積み交渉も忘れず行いたいところです。

新車を50万円以上安く買う裏ワザ

スバル フォレスターが欲しい!

「ドライブシーン」と「乗り手」を選ばないスバル フォレスター。

グイグイ引っ張ってくれる快適な走りはもちろん、アウトドアを楽しむための車としても常に人気車上位に食い込んでいる車です。

その魅力は国内だけにとどまらず海外でも高い評価を得ています。

冒険心を刺激するスバル フォレスターがどうしても欲しい!

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「欲しいグレードになるとやっぱり高い・・・」
  • 「スバル フォレスターだと予算をオーバーしてしまう・・・」
  • 「ディーラーをまわるのは正直面倒・・・」
  • 「値引き交渉を上手くする自信がない・・・」
  • 「新車をできるだけ最安値で手に入れたい・・・」

などなど、悩みは尽きません。

家族や友人に相談してみたものの、

「予算に見合った車にするのが無難だから他のにすれば?」と言うだけ。

いや違うっ!俺が欲しいのはスバル フォレスターなのよ!

単なる移動手段なら予算内で考えてもいいけれど、スバル フォレスターという車はそうじゃない!

スバル フォレスターにたくさん荷物を詰め込んで、友達たくさんでキャンプやスキーといった、レジャーを快適に楽しみたいんだよっ!

どうしても欲しい車を安く手に入れるために重い腰を上げ、

ディーラーをまわりに回ってようやく引き出した値引き額は30万円。

他メーカーからの乗り換えということでオマケしていただいての30万円の値引き。

しかし、それでも予算を考えると手が出ない。

いろいろ悩んで試行錯誤を繰り返していたある日、ふとあることに気付いたんです。

「もしかしてディーラーじゃなく、買取業者に下取り出したら何とかなるんじゃね?」

結果は大正解!

なんと、欲しかったグレードのスバル フォレスターが70万円も安く買えることが出来たんです!

もちろんオプションもモリモリ付けていただいたうえでの新車GET!

最新の車は燃費も安全性能も装備も文句なし!

私のように欲しい新車を、納得できる金額で手に入れたいと思っているあなた!

あたなにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでの下取り価格30万円が、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク