ナビなどの案内で、見知らぬ土地の道を走っているときに、

予想外に細い路地を通るハメになって、おまけに対向車が・・・。

そんな最悪の状況で、あやうくボディやミラーを擦りそうになったことはありませんか?

そういった予期せぬ出来事を思うと、あまりに大きなボディや、視界の悪さは考えものです。

スバル 新型フォレスターのサイズ感がはたしてどれほどのものか、検証していきましょう。

画像引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

スポンサードリンク

【スバルフォレスター】大きさ・サイズ感は運転するのに扱いやすい?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html

スバル 新型フォレスターのボディサイズは、

  • 全長 4625mm
  • 全幅 1815mm
  • 全高1715mm(X-BREAK及びルーフレール付車は1730mm)

となっています。

日本で運転するのにちょうどいいサイズとして、

いわゆる「5ナンバーサイズ」という基準があります。

  • 全長 4700mm 以下
  • 全幅 1700mm 以下
  • 全高 2000mm 以下

これに加えて排気量が2000cc以下であれば立派に「5ナンバー」となります。

このサイズ以下に抑えられた車は、コンパクトで小回りが利き、運転しやすい、とされています。

スバル 新型フォレスターは、全長と全高はこの範囲に収まっているのですが、

全幅については、5ナンバーサイズの基準から115mmもオーバーすることとなりました。

つまりとてもワイド(=幅広)なクルマだということです。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety1.html

ただし、運転席の座席の位置が高く、必然的に運転手の目線も高くなることと、

スバルならではの視界良好な大きなフロント・サイドウィンドウのおかげで、

見切りが大変良いために、さほどボディの大きさを感じることはありません。

よって、割と大柄ではありますが、運転しにくいというほどではないと言えるでしょう。

先代(SJ型)フォレスターの、特に北米における大ヒットをうけて、

現行(SK型)フォレスターは、市場の要求を受けボディサイズを拡大させました。

ちなみに参考までに、先代(SJ型)フォレスターのボディサイズは、

  • 全長 4595mm(現行-30mm)
  • 全幅 1795mm(現行-20mm)
  • 全高 1715mm(X-BREAK及びルーフレール付車は1735mm)

となっていました。

特に目立つのが全長が30mm伸びたことです。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

詳しく見ていくと、ホイールベース(前後のタイヤの間隔)がちょうど30mm伸びています。

この拡大された分の30mmは、すべて後部座席の拡大に使われたと言うことです。

事実、エンジンルームであるとか、前席、ラゲッジルームの長さは旧型と変わりません。

おまけに後部座席には、新たに乗員センサー連動のエアコン吹き出し口が設けられました。

 

同乗者への快適性などの配慮に関して、スバルは相当手を入れてきているようですね。

つまり、「もっと家族と」のキャッチフレーズどおりのクルマへと進化した、というわけです。

スポンサードリンク

【スバルフォレスター】グレード別サイズ比較

結論から言いますと、スバル 新型フォレスターはグレードによってボディサイズが変わることはありません。

しかし室内のサイズ感や、車重などについてはグレードによって違いがありますので、

ここでグレードごとの外寸、内寸、その他のスペックについてまとめておきます。

【全長×全幅】

  • Touring / Premium / X-BREAK / Advance 4625mm×1815mm

【全高】

  • Touring / Premium 1715mm
  • X-BREAK 1730mm
  • Advance 1715mm

【室内長】

  • Touring / Premium / X-BREAK 2110mm
  • Advance 2100mm

【室内幅×室内高】

  • Touring / Premium / X-BREAK / Advance 1545mm×1270mm

【ホイールベース】

  • Touring / Premium / X-BREAK / Advance 2670mm

【トレッド 前】

  • Touring / Premium / X-BREAK / Advance 1565mm

【トレッド 後】

  • Touring / Premium / X-BREAK / Advance 1565mm / 1570mm

【最低地上高】

  • Touring / Premium / X-BREAK / Advance 220mm

【車両重量】

  • Touring 1520kg
  • Premium / X-BREAK 1530kg
  • Advance 1640kg

【燃料タンク容量】

  • Touring / Premium / X-BREAK 63L
  • Advance 48L

X-BREAKのみ全高が+15mm高い理由

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html

全高の違いについては、X-BREAKのみ+15mm高くなっています。

これは、新型フォレスターではオプションとなっている「ルーフレール」が、

X-BREAKについてのみ標準装備となっているためです。

逆に言えば、X-BREAKのルーフレール無し仕様は選べない、ということでもあります。

Advanceのみ室内長が-10mm短い理由

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html

続いて室内長について、Advanceのみ-10mm短くなっています。

カーゴルーム下に搭載される「e-BOXER」用リチウムイオンバッテリー搭載の関係と思われます。

各グレードで車両重量が違う理由

さらに車両重量については、

ガソリン車同士でもTouringとPremium、X-BREAKとの間で10kgほどの差が出ています。

これは電動パワーシートやルーフレールの装備のあり・なしによるものです。

Advanceについては、これにさらにハイブリッドシステム「e-BOXER」を搭載しているため

装備の比較的近いPremiumに大して110kgもの重量増となっています。

燃料タンク容量サイズが違う理由

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/e-boxer.html

そして最後に、とても重要な点におけるサイズの違いがあります。

それは、燃料タンクのサイズについてです。

ガソリン車は63Lの標準的な容量の燃料タンクを装備しているのに対して、

Advanceは48Lの容量しか与えられていません。

これはもともと燃料タンクのあった場所を、

「e-BOXER」用のリチウムイオンバッテリーが占拠しているためです。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/e-boxer.html

もちろんハイブリッド化されて高効率になっているわけですが、

ではガソリン満タンからの走行距離=航続距離について、

ガソリンを15L分も犠牲にしたほどに、燃費が向上しているのでしょうか。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/e-boxer.html

スバル 新型フォレスターは、2018年10月よりスタートした新燃費基準である「WLTC」に対応しています。

より実燃費に近い値であるとされているこの燃費の値を使って、検証します。

燃費(WLTCモード燃費)・・・

  • ガソリン車(Touring、Premium、X-BREAK):13.2km/L
  • ハイブリッド車(Advance):14.0km/L

ガソリン車の満タン状態からの航続可能距離は、13.2km/L×63L=831.6kmです。

一方ハイブリッド車の航続可能距離は、14.0km/L×48L=672kmです。

満タン状態からの航続可能距離に、

ガソリン車とハイブリッド車の間で約160kmもの大きな差がありました。

一方で、燃料警告灯(エンプティランプ)の点灯については、

どちらも燃料残量が9L以下になったときに点灯するようになっています。

ガソリン車なら、約713km走行後に点灯しますが、

ハイブリッド車だと、約546km走行後に点灯する計算です。

給油量はともかく、ガソリン車が3回ガソリンスタンドに寄るうちに、

ハイブリッド車は4回もガソリンスタンドに寄ることになるわけです。

そんなに頻繁にピットストップしていられるほど、

私たちの人生は長くないと思うのですが、いかがでしょうか。

 

ただ、クルマの性能的には、ガソリン車のほうが遠乗りに向いており

ハイブリッド車は街乗りなどのストップアンドゴーの多い場面に向いていますので、

それぞれ適した環境で使っていれば、燃料タンクのサイズの違いなど、

問題になることは無いのかも知れません。

スポンサードリンク

【スバルフォレスター】他メーカーとのサイズ比較

さまざまな自動車メーカーのクルマのうち、

装備やサイズ感的にフォレスターに近いクルマをピックアップしてみました。

車格や車両価格などはあまり考慮しておらず、純粋にスペックの比較となっています。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html

【全長】スバルフォレスターを基準とした比較

  • スバルフォレスター 4625mm
  • トヨタハリアー 4720mm +95
  • 日産X-TRAIL 4640mm +15
  • マツダCX-5 4540mm -85
  • ホンダCR-V 4605mm -20
  • 三菱アウトランダー 4695mm +70
  • メルセデスベンツGLC +35
  • BMWX3 4660mm -95
  • アウディQ3 4400mm -225
  • フォルクスワーゲンティグアン 4500mm -125
  • ポルシェマカン 4697mm +72

国産車では、トヨタ ハリアー、三菱 アウトランダーPHEVが比較的全長が長い印象です。

一方欧州車については、どちらかというとスバル XVクラスの全長が多い印象でした。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html

【全幅】スバルフォレスターを基準とした比較

  • スバルフォレスター 1815mm
  • トヨタハリアー 1835mm +20
  • 日産X-TRAIL 1820mm +5
  • マツダCX-5 1840mm +25
  • ホンダCR-V 1855mm +40
  • 三菱アウトランダー 1800mm -15
  • メルセデスベンツGLC 1890mm +75
  • BMWX3 1890mm +75
  • アウディQ3 1830mm +15
  • フォルクスワーゲンティグアン 1840mm +25
  • ポルシェマカン 1923mm +108

全幅については、国産車においては大きな差はあまり見られません。

しかし欧州車については、短い全長に対して広めの全幅が取られていることが分かります。

比較的高い想定速度などにより、トレッド幅を広く設定していることが原因のようです。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html

【全高】スバルフォレスターを基準とした比較

  • スバルフォレスター 1715mm
  • トヨタハリアー 1690mm -25
  • 日産X-TRAIL 1715mm 0
  • マツダCX-5 1690mm -25
  • ホンダCR-V 1680mm -35
  • 三菱アウトランダー 1710mm -5
  • メルセデスベンツGLC 1645mm -70
  • BMWX3 1675mm -40
  • アウディQ3 1595mm -120
  • フォルクスワーゲンティグアン 1675mm -40
  • ポルシェマカン 1624mm -91

そして全高については、国産車においては大きな差は見られない一方で、

欧州車は、高い想定速度から来る空気抵抗を嫌ったのか、一様に全高が低く設定されています。

走行安定性や「走り」に対する各国メーカーのスタンスの違いが、

こうしたボディサイズの違いに表れてきていて、とても興味深いですね。

 

このように見ていくと、スバル 新型フォレスターが特別大きい、ということは無いようです。

しかしクルマは数値よりも、実際に乗った感覚が大切ですので、

ぜひ一度ディーラーで試乗してみることをオススメします。

新車を50万円以上安く買う裏ワザ

スバル フォレスターが欲しい!

「ドライブシーン」と「乗り手」を選ばないスバル フォレスター。

グイグイ引っ張ってくれる快適な走りはもちろん、アウトドアを楽しむための車としても常に人気車上位に食い込んでいる車です。

その魅力は国内だけにとどまらず海外でも高い評価を得ています。

冒険心を刺激するスバル フォレスターがどうしても欲しい!

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「欲しいグレードになるとやっぱり高い・・・」
  • 「スバル フォレスターだと予算をオーバーしてしまう・・・」
  • 「ディーラーをまわるのは正直面倒・・・」
  • 「値引き交渉を上手くする自信がない・・・」
  • 「新車をできるだけ最安値で手に入れたい・・・」

などなど、悩みは尽きません。

家族や友人に相談してみたものの、

「予算に見合った車にするのが無難だから他のにすれば?」と言うだけ。

いや違うっ!俺が欲しいのはスバル フォレスターなのよ!

単なる移動手段なら予算内で考えてもいいけれど、スバル フォレスターという車はそうじゃない!

スバル フォレスターにたくさん荷物を詰め込んで、友達たくさんでキャンプやスキーといった、レジャーを快適に楽しみたいんだよっ!

どうしても欲しい車を安く手に入れるために重い腰を上げ、

ディーラーをまわりに回ってようやく引き出した値引き額は30万円。

他メーカーからの乗り換えということでオマケしていただいての30万円の値引き。

しかし、それでも予算を考えると手が出ない。

いろいろ悩んで試行錯誤を繰り返していたある日、ふとあることに気付いたんです。

「もしかしてディーラーじゃなく、買取業者に下取り出したら何とかなるんじゃね?」

結果は大正解!

なんと、欲しかったグレードのスバル フォレスターが70万円も安く買えることが出来たんです!

もちろんオプションもモリモリ付けていただいたうえでの新車GET!

最新の車は燃費も安全性能も装備も文句なし!

私のように欲しい新車を、納得できる金額で手に入れたいと思っているあなた!

あたなにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでの下取り価格30万円が、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク