クルマに乗っていると、なにやら色々な税金や保険料を払うことになりますよね。

月々の任意保険はもちろんのこと、毎年ゴールデンウィーク明けにやってくる自動車税や、

車検の時には重量税に、強制保険(自賠責)も払っているし・・・

エコカー減税などを上手に利用して、払わなくて良い税金はなるべく払わずに済ませたいですよね。

スバル 新型フォレスターは、果たしてエコカー減税が適用されるのでしょうか。

スポンサードリンク

【スバルフォレスター】エコカー減税は適用されるのか?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html

スバル 新型フォレスターは、エコカー減税対象車となっています。

ただし、ハイブリッド車である「Advance」グレードのみが対象です。

 

Touring、Premium、X-BREAKがそれぞれ平成27年度燃費基準+5%達成車で、

エコカー減税の非対象車であるのに対し、

Advanceは平成32年度燃費基準+10%または20%(車重1660kg以上の場合)達成車となっており、

2018年度税制におけるエコカー減税は、新規登録(新車購入時)において、

  • 平成32年度燃費基準+10%達成車で、自動車取得税40%減税、重量税50%減税
  • 平成32年度燃費基準+20%達成車で、自動車取得税60%減税、重量税75%減税

となっています。

また、ハイブリッド車は全車において、新規登録年度の翌年の自動車税が概ね50%減税となります。

これだけで、ガソリン車と比べて10数万円もお得になっているのです。

そういった事情もあり、スバル 新型フォレスターでは、

車両本体価格はハイブリッド車のほうが高いけれど、支払総額で見ると、

ハイブリッド車のほうがトータルで安かった、なんてことはザラにあるようです。

 

なんで? と思う方も多いことでしょう。

一般に他の自動車メーカーにおいて、ガソリン車とハイブリッド車を比べると、

車両本体は当然ハイブリッド車のほうが高いですし、

支払総額も当然ハイブリッド車が高いですよね。

ところがスバル 新型フォレスターは、ハイブリッド車であるAdvanceと、

そのベースとなっているガソリン車Premiumとの車両本体の価格差があまりありません。

そのため、同じようなオプション装備となったとき、エコカー減税適用による差額分で、

トップグレードであるAdvanceのほうがガソリン車より安くなる、という現象が起こるのです。

来年は、消費者にとって逆風となる増税が待ち構えています。

2017年度から2018年度に変わったとき、エコカー減税の減税幅が縮小されました。

2019年度においても、現在と同じだけの減税幅が維持されるかは微妙です。

また、2019年10月には、消費税が10%に上げられるのが濃厚となってきました。

こうした事情もありますので、

スバル 新型フォレスターの、特にAdvanceをお得に買いたい!と言う方は

なるべく年度内に購入を済ませるようにすると良いでしょう。

スポンサードリンク

【スバルフォレスター】自動車税はいくらかかる?

自動車税は、クルマの排気量に従ってそれぞれ設定されています。

  • 軽自動車(~660cc):10,800円
  • ~1000cc未満:29,500円
  • 1000cc以上~1500cc未満:34,500円
  • 1500cc以上~2000cc未満:39,500円
  • 2000cc以上~2500cc未満:45,000円
  • 2500cc以上~3000cc未満:51,000円
  • 3000cc以上~3500cc未満:58,000円

一般的な乗用車においては、このあたりぐらいまでが自動車税の平均的な適用範囲です。

これ以上の排気量については、相応の自動車税が課されています。

  • 3500cc以上~4000cc未満:66,500円
  • 4000cc以上~4500cc未満:76,500円
  • 4500cc以上~6000cc未満:88,000円
  • 6000cc以上:111,000円

このようになっています。

そして、スバル 新型フォレスターの自動車税は、グレードによって異なり、

  • Touring、Premium、X-BREAKは、2500ccのため、45,000円
  • Advanceは、2000ccのため、39,500円

となっています。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html

さらに、ハイブリッドモデルであるAdvanceは、

  • 平成32年度燃費基準+10%達成車
  • 平成32年度燃費基準+20%達成車(オプション装備で車重1660kg以上の場合)

上記がエコカー減税の対象車であるため、いずれの場合においても

登録年度の翌年の自動車税が約50%減税されます。

たとえば2018年度内に登録されたスバル 新型フォレスターについては、

2019年5月のゴールデンウィーク明けに届く自動車税納付書に記載の請求額は

  • 20,000円

となります。

ただし、新車での購入で、かつ翌年度分の1回のみの適用となる点に注意が必要です。

また、中古や新古車でエコカー減税の対象車を購入した場合は、

違った基準が適用されますのでご注意ください。

ちなみに、古いクルマはこの自動車税が15%増税となる制度があることをご存知でしょうか。

古いクルマと言っても、具体的には初年度登録から13年以上経過したクルマが対象となります。

2018年現在においては、登録から14年目以上を迎える2004年度登録以前のクルマが対象です。

スバル フォレスターでこの自動車税の増税の対象となるのは、2018年10月現在で、

  • 1997年~2002年 初代(SF型)フォレスター全車
  • 2002年~2007年 2代目(SG型)フォレスター前期型、2005年3月末までに販売された後期型の一部

これらのスバル フォレスターが対象となっており、

  • 2000ccモデルで45,500円(+6,000円)
  • 2500ccモデルで52,000円(+7,000円)

となっています。

こうしたエコカー減税や自動車税の増税については、2018年度税制改正後のものであり、

2019年度にこれらの税制が継続されるかどうかについては、2018年10月現在まだ発表されていません。

継続される可能性もありますが、一気にエコカー減税終了で増税、ということも考えられますので、

スバル 新型フォレスターの購入においては、この点をよく注意しておきましょう。

スポンサードリンク

【スバルフォレスター】費用は総額どのくらいかかる?

スバル 新型フォレスターの費用には2つのケースが考えられます。

1つは新車購入時の諸費用で、もう1つは購入後のランニングコストです。

いずれも税金が深くかかわってきますので、税金を軸に費用を考えていきます。

購入時費用=諸費用

購入時の条件としては、

  • Advance(ハイブリッド車)
  • ボディカラーはクリスタルホワイト・パール
  • ルーフレール付き
  • オプションについては、アイサイトセイフティ・プラス(視界拡張)装備
  • ベースキット、ナビ、ETC、リヤビューカメラ、ドライブレーコーダー等装備

この新型フォレスターの新車購入時の諸費用は、次のようになります。

税金・保険料として・・・

  • 自動車税 16,400円
  • 自動車取得税 48,700円
  • 自動車重量税 15,000円
  • 自賠責 36,780円

登録その他の費用として・・・

  • 登録諸掛 45,740円(参考)
  • リサイクル料金 10,910円

以上の合計で173,530円が諸費用となります。

もっとも、これに点検パックや保証延長プラン、希望ナンバー代などを含めていくと、

現実的には30万円前後の金額になるのが一般的です。

購入後費用=ランニングコスト

スバル 新型フォレスターの購入後にかかる費用としては、

自動車税(毎年)

スバル 新型フォレスターのAdvanceの自動車税は、登録翌年は20,000円ですが、

それ以降は2000cc未満の区分となるため、毎年34,500円となります。

ガソリン代

このフォレスターの燃費はWLTCモード燃費で14.0km/Lとなっています。

年間10000km走行する人を想定した場合、年間714.3Lのガソリンを消費します。

レギュラーガソリンを145円/Lとしたとき、年間のガソリン代は約104,000円となります。

エンジンオイル、タイヤ、ブレーキ、バッテリー等の消耗品

エンジンオイルの交換費用は、平均して1回5,000円程度であるため、

年間10000km走行する人を想定した場合、オイル交換費用は年間10,000円程度です。

タイヤは使用方法にもよりますが、大体50000~70000kmで寿命を迎えます。

交換時には、サイズにもよりますが大体80,000~120,000円程度を想定しておきましょう。

ブレーキについては、ハイブリッド車は100,000km程度持つとされています。

一方で自動車の平均保有年数は7年と言われていますので、

平均的な保有年数内において、ブレーキを交換する場面に出会う可能性は低そうです。

バッテリーについては、ハイブリッド車は3つのバッテリーを搭載してます。

そのうちエンジンルームにあるエンジンの始動などに使うバッテリー2つは、

交換した場合それぞれ40,000円程度掛かります。

車検、法定12ヶ月点検等の法定点検料

車検については、初回は80,000円程度

2回目以降は100,000~120,000円程度を見ておくと良いでしょう。

法定12ヶ月点検については、車種にもよりますが、大体15,000円程度です。

車検時の重量税、自賠責

スバル 新型フォレスターの継続検査=車検の時には、

重量税として32,800円自賠責として25,830円かかります。

任意保険料

自賠責=強制保険のほかに、あなたが任意で加入する必要ある「自動車任意保険」があります。

これは内容にもよりますが、年間で30,000円~80,000円程度かかります。

駐車場代=届出保管場所

マンションやアパートに付属の駐車場や、賃貸の駐車場などを借りた場合は

地域によって大きな差がありますが、月に5,000~30,000円程度の

駐車場代を支払う必要があります。

また、持ち家や自身、家族名義の保管場所がある場合にも、固定資産税が掛かってきますので、

合法的に無料で停められる駐車場というのは、一般には存在しません。

 

主にこれらが維持費としてかかってきます。

スバル 新型フォレスターの購入時には、これらの費用についてもしっかり検討して、

支払計画を立てておくことをオススメします。

新車を50万円以上安く買う裏ワザ

スバル フォレスターが欲しい!

「ドライブシーン」と「乗り手」を選ばないスバル フォレスター。

グイグイ引っ張ってくれる快適な走りはもちろん、アウトドアを楽しむための車としても常に人気車上位に食い込んでいる車です。

その魅力は国内だけにとどまらず海外でも高い評価を得ています。

冒険心を刺激するスバル フォレスターがどうしても欲しい!

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「欲しいグレードになるとやっぱり高い・・・」
  • 「スバル フォレスターだと予算をオーバーしてしまう・・・」
  • 「ディーラーをまわるのは正直面倒・・・」
  • 「値引き交渉を上手くする自信がない・・・」
  • 「新車をできるだけ最安値で手に入れたい・・・」

などなど、悩みは尽きません。

家族や友人に相談してみたものの、

「予算に見合った車にするのが無難だから他のにすれば?」と言うだけ。

いや違うっ!俺が欲しいのはスバル フォレスターなのよ!

単なる移動手段なら予算内で考えてもいいけれど、スバル フォレスターという車はそうじゃない!

スバル フォレスターにたくさん荷物を詰め込んで、友達たくさんでキャンプやスキーといった、レジャーを快適に楽しみたいんだよっ!

どうしても欲しい車を安く手に入れるために重い腰を上げ、

ディーラーをまわりに回ってようやく引き出した値引き額は30万円。

他メーカーからの乗り換えということでオマケしていただいての30万円の値引き。

しかし、それでも予算を考えると手が出ない。

いろいろ悩んで試行錯誤を繰り返していたある日、ふとあることに気付いたんです。

「もしかしてディーラーじゃなく、買取業者に下取り出したら何とかなるんじゃね?」

結果は大正解!

なんと、欲しかったグレードのスバル フォレスターが70万円も安く買えることが出来たんです!

もちろんオプションもモリモリ付けていただいたうえでの新車GET!

最新の車は燃費も安全性能も装備も文句なし!

私のように欲しい新車を、納得できる金額で手に入れたいと思っているあなた!

あたなにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでの下取り価格30万円が、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク